PCのキーボードに入った埃のケアのメソッド

PCのキーボードは細菌が増殖し易く、便所の便座よりも汚らしいのは有名な話です。ごちそうの時分に拳固を可愛く洗い流し、キーボードを除菌性のいるウエットティッシュで拭けば小ぎれいを保てます。それはカギメインだけですが、隙間には埃や埃が止まり、よく見ると気になってしまいます。さくっとあなたもケアをください!

あたいはPCの電源を入れて起動するまでの間こぶし大のモップ状のバキュームクリーナーで拭いています。でも、カギトップの隙間にあった埃が裏側に転じこんでしまうので、気休め程度だ。

クラムシェル部門のタブレットは、その名の通り、液晶ウィンドウを折り畳むことにより貝殻のようにキーボードへの埃や埃の同行を防ぐことができます。デスクメイン部門に共鳴やるキーボードは尚更侵入してしまう。

キーボードの型番に合わせたキーボードフォローを使うとうっかりコーヒーや紅茶をこぼしても保護できます。あたいは炭酸飲料をこぼしてキーボードを駄目にしてからキーボードフォローの重要性を分かり使っています。

通年程使ってシミで黄ばみ歪みしたら新品に交換しています。型番の配列がないタブレットには、丁度良いがたいにカットする類もあります。

最近では粘土状の「スライム」と呼ばれる機具で埃を取り去るメソッドもありますが、航空ダスターをかけたほうが便利だと思います。でも、缶噴流の結果廃棄し続けるとエコロジーに反していらっしゃる感じがするのでバキュームクリーナーを丸ごとかけたほうが再び便利です。

結局は、埃は調中に舞っています。相当悩みでも床や歩廊のように日々掃除をする伝統をつければ解決できると思います。すぐさま今日からバキュームクリーナーを使ってケアをください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *