夕刻眠れないときにすること

夕刻眠れない状況というのは誰にでも訪れます。就寝時間が1時遅くなると起床時間が1時遅くなり、翌日の目覚めがひどく通勤・通学に支障をきたすのではないかと焦ってしまう。すっと今日から実行できる一年中決まった時間に就寝に就くための意識を話します。

前もって、質の高い睡眠を得るためには心身共にリラックスさせることが第一だ。そのため、熟睡1~2時前に仕事や演習程度、脳に刺激を与える行動を遠退けるみたい努めます。私の母親がミールの状態が済むとTVの前部で編み物をしなくなったのはそのためだそうです。

また、TVやスマフォの光線は著しい誘因になるので、脳にソフトためには、電気を消した物悲しい寝室でTVやスマフォを見ることを控えるみたい努めます。
私も夜間から早朝に何があったのかと枕元にケータイパソコンを置いてデータをチェックしているので寝不足ですが、これを遠退けるだけで随分と違う。

最後に、便所にいく度数が増えて寝付きが悪くなるので、就寝前の潤い服薬を遠退けるようにします。就寝前に薬を飲み込むための水は態度がありませんので、それ以外はオール断っていらっしゃる。

就寝のクォリティを改善する為には熟睡1~2時前部がプレイだ。ぬるめのお銭湯につかり、香料を焚くかリラクゼーション音楽を聴いて心身の行動を甘んじるだけで明日の朝の目覚めが快適になります。始める旨みはあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *